~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の癌治療の悲惨な実態・・・

 「週刊現代」最新号で、”完全保存版12ページ大研究「治るがん」「治らないがん」”という特集記事が掲載されていた。名医と呼ばれているであろう先生方のがん治療の最新知識とでも言えば良いのであろう。
こんな記事を出しているうちは癌は無くならない。おまけに民主党までぼろくそに書かれている。もしかしたら故意の記事かもしれない。利権復活の為の記事ではないか・・・

syu gen



  あいも変わらず昔ながらの「早期発見」「手術でここまで出来る」「助からないがん」・・・等、脅しの記事内容であった。私に言わせれば、腐った日本の医療界のたわ言でしかない。手術、手術、手術・・・放射線、放射線、放射線・・・抗がん剤、抗がん剤、抗がん剤・・・
 アメリカでは、ガン患者の4人に3人が抗がん剤や放射線といった従来治療ではなく、ヨガ、瞑想、食餌療法、睡眠療法、音楽療法などの「新しい」治療を受けているそうだ。アメリカ政府は、この代替医療の研究に国家予算を200億円つけている。カナダなども同じ路線を歩んでいるようだ。日本は相反した昔ながらの悪魔の3大療法をかたくなに守っています。その時点で、「毎日誰でも5000個以上の癌細胞が出来ている」という常識を無視しているのである。癌が出来たら潰す。体もろとも潰す。取れたら「はい、取ってあげましたよ。良かったね。」そこまでの話でしかない。


 私の母は昨年、癌で亡くなりました。最終的には腎臓癌でした。いくつもの臓器に何度も再発し、最期は全身に広がり麻薬を使いながらの闘病でした。しかし、抗がん剤は使いませんでした。私が止め、本人も納得して拒否しました。私が医療界の詐欺に気付いたからです。
最初はネットで必死に最新治療法を探し、良い病院を探し、国立がんセンターにも行かせました。保険の利かないPET(陽電子放射断層撮影)も受けました。しかし、最後に行き着いた結論は、「日本の癌治療は全くの無力であり、詐欺である。」と言うことでした。


 私は素人ですが、これははっきりと断言します。「放射線、抗がん剤は毒でしかありません。手術も極力すべきではありません。あまりにも危険な状態であればいたしかたないと思いますが、手術で使う全身麻酔はやはり体にとって毒です。」


 最初に変だと思ったのは、医者の発言です。「抗がん剤しか手段はないですが、まず効きません。でも苦しみはあります。場合によってはその日のうちに亡くなる事もあります。」??「なんだそりゃ!!??」それって薬じゃないじゃないか・・・医者など役に立たん・・
それから調べ上げ、今や有名人の船瀬俊介氏の講演に行き着きました。安保徹先生の免疫学が人間のあるべき姿だと言うことです。今では随分知られている免疫学・代替療法ですが、医者に言わせれば「海のものとも山のものとも分からない相手に出来ないもの」「食事?全然関係ないです。何を食べても良いです」だそうで、鼻で笑われる状況でした。しかし、あえて抗がん剤を拒否した事は正解だったと思います。食事療法やラジウム温泉療法など色々試しながら、苦しみは最期の骨の痛みだけだったようです。


 医学博士 安保徹オフィシャルサイト


 船瀬俊介ホームページ





 結局代替療法で治すことは出来なかった訳ですが、私は納得しています。今までに臓器をいくつも取られ、膀胱には抗がん剤を入れられその激痛に苦しんだり、痛みを取る最後の手段で仕方なく放射線で骨の患部を焼きました。そんなことを繰り返したうえに、余命まで宣告されストレスの固まりとなり代替療法どころではなかったのですから。免疫機能はボロボロだったはずです。風邪をひいても治りませんでした。そして極めつけは、あれほど抗がん剤は効かないと言っていた医師が、母が亡くなった日に「抗がん剤をやってればもしかしたら助かったかも知れない」とほざいたのです。あの怒りは忘れられません。殺された・・・と思いました。
 船瀬俊介氏の友人であった「MASTER キートン」の作者も亡くなる直前、ガリガリにやせ細った体で船瀬氏にもたれかかり「騙された・・」とつぶやいたと言うことです。癌発見時に船瀬氏が抗がん剤を忠告したそうですが、「いや~、分かるけど・・付き合いがあるから・・・」と入院し治療を始めたそうです。そして亡くなったのです。

 
 あと、一番気になっていたのが5年生存率というものです。莫大な金をかけ、三大療法で苦しんだ挙句に、5年生きたら「はい、とりあえず治りました。その後の再発は別件です。」ということ。これは、根本を治していないと白状しているようなものだ。そして進行度Ⅳなどは今でもほとんど治せないという事を証明している。


 全国がん(成人病)センター協議会加盟施設における5年生存率(1997~2000年診断例)


 名古屋の免疫・食事療法による癌患者の会「いずみの会」は末期の患者すらも含め、かなりの確立(約90%)で治している。(但し、半年未満で亡くなった方はすでに手遅れということで数には入れてないとのこと)
要するに、普段から食事、健康に気をつけて生きなさいということだ。そうすれば少しのきっかけで大抵の病気は自分で治せるということだ。

 
 免疫療法(代替療法)は、一部を狙い撃ちではなく全身を治す事ができる。というか、治る体を作れる。
近々、「抗がん剤?そんな海のものとも山のものとも分からないもの!」と三大療法を鼻で笑う日が来るかもしれない。


 がんセンターの無知な医師さんもポチっとお願いします。


 


                       以上
スポンサーサイト
テーマ : その他    ジャンル : その他

本日、沖縄で99年ぶりの震度5地震。

**********  産経ニュース より *********


 沖縄で震度5弱の地震 一時津波警報も


2010.2.27 07:10


 27日午前5時31分ごろ、沖縄県糸満市で震度5弱を観測する地震があった。気象庁によると、震源地は沖縄本島近海で、震源の深さは約10キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・9と推定される。


 気象庁は、沖縄本島に津波警報、奄美諸島・トカラ列島、大東島地方、宮古島・八重山地方に津波注意報を出したが、同日午前7時までにすべて解除された。同7時までに、沖縄県南城市で約10センチ、南大東島で微弱な津波が観測された。


 沖縄本島で震度5弱以上の地震が観測されたのは、体感および周囲の状況から推定していた明治44(1911)年に震度5が観測されて以来99年ぶり。計測震度計により自動的に観測を始めた平成8(1996)年4月以降初めて。


 各地の震度は次の通り。


 震度5弱=糸満(沖縄)▽震度4=与論島(鹿児島)名護市役所、今帰仁、本部、恩納、那覇、宜野湾、浦添、読谷、北谷、北中城、豊見城、与那原、南風原、座間味、南城、北大東島(沖縄)など▽震度3=喜界島、奄美、徳之島亀津、沖永良部島(鹿児島)名護、宜野座、金武、伊江、粟国、久米島、南大東島(沖縄)など▽震度2=徳之島(鹿児島)宮古島(沖縄)など▽震度1=美里永富(熊本)宮崎、都城(宮崎)鹿児島、鹿屋、屋久島(鹿児島)石垣島、西表島(沖縄)など


***************************






 そして、99年ぶりなどと言われると気になるのは悪名高き「HAARP」。
「HAARP Fluxgate Magnetometer」を見ると(時差、18時間)、強烈な波形は出ていないが小さな山があり、12時間前にももう少し大きな波形の乱れがある。

HAARP_convert_20100227132224.png



今回の地震がHAARPによるものかは判定できないが、今アメリカが沖縄を揺らし脅しをかける理由がある事ぐらいは日本人なら誰でも分かるはずだ。壊滅が目的ではないのだから、軽く揺すって力を見せつけるには十分なのかもしれない。


 米軍の方々もポチっとお願いします。


  


                     以上
テーマ : 気になるニュース    ジャンル : ニュース

トヨタ リコール 被害者証言

 本日、豊田章男社長が24日、米下院監視・政府改革委員会の公聴会で証言した。
結果的に、具体的な欠陥やミスは見受けられないとのことだ。そりゃそうだろう。


 小沢追求同じく、全くもって何が問題なのか良くわからない。証言・証拠も具体的なものはほとんど聞かれない。唯一聞く事例は、ロンダ・スミスなる中年女性が、レクサス車を運転してテネシー州の高速道路を走っている途中、突然車の速度が時速160キロ以上に上がった。ほぼ10キロを走ってから速度を下げることができた」と証言した。スミスさんは「貪欲なトヨタは恥を知るべきだ」と涙ながらに話したとされる。


 しかし、この場合も理由はフロアマットにアクセルペダルが引っ掛かって戻らなかったというもの。しかもマットは社外品。純正品はフックがついており、マットがずれない様になっている。ということは被害者の自爆に過ぎない。トヨタの貪欲さはまったく関係ない。
 前記事でも書いたが、ABS作動時の制動距離の70数センチの差などはドライバーのさじ加減で簡単に変わってくる。


 要するに、告発した人間たち・社長を呼び出した議会は、車を買った ⇒ アクセルを踏めば加速、放せば減速、ブレーキを踏めば止まる。⇒ 何か思い通りにならなかったらメーカーが悪い。 ⇒  私は被害者。という単純な考えしか持ち合わせてないのだろう。何かあったら訴えて儲ければ良い。という腐った根性の持ち主である。


 というか、その前にそれらの証言は本当なのか?同一事件の話なのかは分からないが、「190キロまで加速し、減速できないまま10キロ走ったところでやっと減速したという事例がある。しかも、助手席の人間が、走行中に警察に助けを求める電話をしたと言うのだ。はたしてその状況で冷静に電話など出来るものだろうか。どうもおかしい・・・


 被害者の会見は、アメリカ映画ばりの、涙ながらのインタビューとなったようだが、当時その時点で怖い思いをしたとしても、今更涙まで出るものだろうか・・・しかも「貪欲なトヨタ・・」などという言葉がとっさに浮ぶだろうか・・その証言自体信憑性に欠ける。


公聴会なら、それなりのリスト的な証拠を提示するべきではないのか。ただただ社長一人捕まえて集中砲火を浴びせているところを見ていると、やはり日本いじめにしか見えない。証言者もたぶんいくらか掴まされているのだろう。


 だいいち、以前の自動車はフロアマットのフックなど無かったが、アクセルに引っ掛かってどうにもならず事故ったなどと言うことはそうあることではない。それぐらいはテメーで確認しろ、気付け と、言いたい。


 日本人はアメ車に乗るとき、「ここが良く壊れるんだよな~」、とか、「まあアメ車だからな~、しょうがない」
「壊れるから金掛かるんだよなあ・・」と、アメ車のボロさを知った上で乗ってきたものだ。アメリカ人にはそんな日本人の気質に感謝していただきたいくらいだ。それらをクレームと言うのであれば、とうの昔にビッグ3など袋叩きだ。


 もう、アメリカに調子に乗ってもらう必要はない。さすがに何の非も無いとは言ってはならないが、トヨタ(日本)は必要以上に下手に出る必要はない。トヨタには堂々と日本の自動車を自慢してもらいたい。「あんたらの欠陥品よりずっとましだ」と。


 シボレーの関係者さんもポチっとお願いします。


  


                          以上
テーマ : 気になるニュース    ジャンル : ニュース

トヨタのリコールはアメリカの陰謀!

 アメリカで異常な騒ぎとなっているトヨタのリコール問題。
どう考えてもおかしい。日本ではそんな悪い評価はない。ましてやABS作動時の70数センチの制動距離の伸びなど騒ぐほどの事ではない。人それぞれの癖や路面状態で平気で変わる距離だ。アクセルが戻らないと言うのも、アメリカ製のペダルである。社外製のマットが引っかかるなどは言いがかりとしか言いようが無い。まるで当たり屋である。


 アメ車3大メーカーの崩壊の八つ当たりを受けているトヨタだが、では、アメ車はそんなに立派なのか?

これを見てほしい。極々一部だが、危険極まりない状況である。


*******************************


影響のあると思われる車両
LINCOLN/リンカーン
MKX 2008


概要
製造時にフューエルタンクに小さい穴またはくぼみができている可能性があり、ここからガソリンが漏れる可能性があります。 ガソリンに引火してしまい車両火災が発生する恐れがあります。


処置に付いて
車両に取り付けられているフューエルタンクを点検し、必要に応じてフューエルタンクを交換します。


*************************


影響のあると思われる車両
年式 メーカー モデル VIN (10桁目からの表記)
2009 ハマー H3T 98100113 ~ 98133112


※ 上記のVINに当てはまる全ての車両がリコール対象ではありません。
概要
上記車輌の一部において、フューエルタンク固定ストラップの前側が破損してしまうことがあります。 破損してしまうと、フューエルタンクを支える物が後側ストラップ及びシールドのみになってしまいフューエルタンクが脱落し、車両火災が発生する可能性があります。


処置に付いて
新たにデザインされたフューエルタンクストラップに交換します。


****************************


ビュイック  リーガル


シボレー  インパラ ルミナ モンテカルロ


ポンティアック グランプリ


概要
上記の車両で強めにブレーキを踏んだときにエキゾーストマニホールドにエンジンオイルが堆積し、発火してしまう可能性があります。


処置に付いて
スパークプラグワイヤーのリテーナーを対策品に交換します。


****************************


シボレー  タホ サバーバン 


概要
上記の車両でヒーター付ウォッシャーシステム装備車において、ウォッシャーフルードシステムの基板上でショートが起こり加熱されてしまい、異臭、発煙の恐れがあり、またまれに火災にまで発展してしまう可能性があります。


******************************


FORD/フォード


FORD/フォード BRONCO/ブロンコ 1993-96
  E-150/250/350/エコノライン 1992-2003
  E-450 1996-2003
  E-550 2002-2003
  EXCURSION/エクスカージョン 2000-2003
EXPEDITION/エクスペディション 1997-2002
EXPLORER/エクスプローラー 1998-2001
EXPLORER SPORT/Trac/エクスプローラースポーツ 2001-2002
F150 1994-2002
F150 LIGHTNING/ライトニング 2002-2003
F250 1994-1999
F-SERIES/Fシリーズ 1993-2003
F-53 MOTORHOME/モーターホーム 1995-2002
MOUNTAINEER/マウンテナー 1998-2001
RANGER/


概要
クルーズコントロール付の車両において、クルーズキャンセルスイッチがオーバーヒート、煙る、又は焼けてしまい、車両火災の恐れがあります。


********************************


どれもこれも危険要素たっぷりである。


まずアメリカから謝罪するべきではないだろうか・・・・


 


                   以上
テーマ : 気になるニュース    ジャンル : ニュース
02-2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。