~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「暴行により作られる食」

 庶民の私は今だかつてフォアグラなる物はそうそう食べることはなかったが、数回だけ付き合いで割と高級な所で食べた事がある。
世界三大珍味の一つと呼ばれるそれを食した感想はと言うと、まぁ旨いと言えば旨い気がするが、正直一口二口の後はしつこいとしか言いようがなかった。キャビアも、・・・筋子の方が旨いな・・・としか思わなかった。
舌が肥えていないと言われればそれまでなのだが、舌が肥えるってどういう意味だ?
というか、そもそもフォアグラはガチョウやアヒルの病気(脂肪肝)の肝臓ということなのだが、どんな物なのか見てみると、やはりこれが旨いの一言で済むはずがない。
これがすべての農場のやり方ではないようだが、無理やり金属パイプで餌を押し込むというのは共通のようだ。
この農場では身動き出来ない状態でカロリー消費せずにひたすら強引に給餌している。
見る見るアヒルの目が死んでいくのが良く分かる。
それもそのはず、自分が同じ事をされたらどう感じるか考えてみれば分かる事。
肩幅いっぱいのゲージに入れられ首だけ出し、一日三回長いパイプを喉に突っ込まれ胃がいっぱいになるまで味わうこともなく餌を押し込まれる。
そして、喉や食道は傷つき炎症を起こしたまま、またパイプを突っ込まれる。
押し込まれる、激痛、出す、押し込まれる、激痛、出す・・・の繰り返しだけの毎日。
歩くことも出来ない。以上に膨れ上がった肝臓のせいで他の内臓が圧迫され、息が止まるほどらしい。
そのストレスは想像を絶する者であろう。
目が死んでいくのも当然。
そしてボロボロになったのち、首をやられて殺される。



fo01.jpg

 この完全病気の肝臓が旨いと感じる方がおかしいと思うのだが。
脂肪が多いだけでなく、精気を失い、ストレスを溜め込んだ物が旨いと思う方もまたアル意味病的であると言ったら言い過ぎだろうか。
結局は通常の命を頂くだけでは物足りなくなった贅沢病になった人間が変わったものを欲しがった結果、無理やり作り出されたものではなかろうか。
物足りなくなった贅沢者の為にこんな苦痛を与えられる動物たちは浮かばれないであろう。
命を頂くだけではダメなのだろうか。



 これはドイツの豚の屠殺(とさつ)とその活用の映像。
残酷なようであるが、これがこの世の生物のありのままの姿。
我々もこうして生かされているのだが、上のフォアグラとはまったくもって別物である。
この家庭では、年四回の豚の屠殺と処理をするが、ほとんど捨てるところはなく、膀胱や顔の肉から血まで使ってソーセージなどにする。
これが自然に対する感謝であり、生かされる生物のあるべき姿ではないか。
人が、変わったもの、珍しいもの、人が持てないものを欲しがるようになった時、それは「感謝」を忘れた時である気がしてならない。
スポンサーサイト

「冬は家でおでん・・・」

 ずいぶんと寒くなり、肉まん・おでんの季節がやってきた。
以前は「コンビニのおでんって馬鹿に出来ないよな。」と言って夜な夜な買いに行ったものだ。
当時は添加物・化学調味料たっぷりのものを喜んで食べていたので、コンビニおでんも旨いものだと思っていた。

 でも、おでんはスーパーによくあるネタや大根を安く仕入れて工場で煮込んだものを店舗で温めているだけじゃないのか?
店で見ていても、真空パックから出しておでん鍋に入れているだけ。
温め続けるのだから保存料だってさほど必要なさそうだが・・・
と思ったのは甘かったようだ。

odengu_s1.jpg

 私自身はコンビニおでんはもう10年は買ったことはなく、家で作るのが常だ。
良く考えてみれば、おでんは数時間も煮込んでしまったら色も変わり煮崩れしてしまう。
だし汁もだんだんと濁っていく。
それはそれで悪くはないと思うのだが、コンビニで見るおでんはいつ見ても同じ色、同じ形、透き通っただし汁、そして・・・
下の記事を見て「そう言えばそうだな。。」と気づいた。
煮込み過ぎてだしを吸い沈んでいるものはない。

8時間以上煮崩れせず、浮いていなければならないという条件があるのだという。


************* 阿修羅掲示板より *************

 6~7年前のことです。焼きチクワやハンペンなどをつくる三陸海岸のある老舗の練り製品メーカー社長に、こんな話を聞きました。

 その練り製品メーカーは、大手コンビニチェーンとおでんの練り製品を納入する仮契約を結びました。仮契約には「仕様」という品質についてのさまざまな取り決めがあり、それらをすべてクリアできて本契約となります。当然、練り製品メーカーでは、仕様に沿った製品づくりを始めました。しかし、どうしてもクリアできなかったのが、「練り製品はおでんのダシ汁の中で8時間浮いていること」という仕様でした。

 チクワ、ハンペンなどおでんの具になる練り製品は、通常、スケトウダラなどの魚肉のすり身に食塩、砂糖、でん粉、調味料などを入れて練り合わせてつくります。しかし、通常のつくり方では、どうやっても、汁の中で8時間浮いていられません。具材が汁を吸って型崩れを起こしてしまうのです。

 そこで社長は恥を忍んで知り合いの同業者に相談したところ、その人はこともなげにこう言ったのです。

「簡単なことだよ。原料のすり身にリン酸塩とソルビットをたくさん使えばいい。そうすれば、すり身の比率は下がり、おでんの汁も吸いこみにくくなる。使った添加物はキャリーオーバーということにしておけば表示の必要はないから、コンビニチェーンにも消費者にもわからないよ」

 大半のすり身は船上でつくられます。その際、品質保持や増量のためにリン酸塩やソルビットが添加されますが、使用した食品には影響が出ないということで添加物の表示は免除されます。これをキャリーオーバーといいますが、この制度をもっと利用しろというわけです。

 社長は、そこまで品質を落とすことはできないとして、コンビニチェーンとの仮契約を破棄しました。それによって会社がコンビニチェーンに対して支払った違約金は100万円を超えたそうです。

************* 転載終了 ***********

 ここまでしてキレイな見た目をおでんに求める必要があるだろうか。
スーパーの野菜もそう。見た目が統一してあり、その実態は最低限の三種の化学肥料を与えておけば根と葉と茎になるという考え方。

 食品添加物について、”危険だというデータはない”、”危険というのは嘘”・・・というサイトや専門家もいるが、メーカー側が危険性を自ら暴露するようなデータを出すはずもなく、科学者・専門家も人体実験を出来るはずもない。
マウス実験や科学的根拠から導き出す以外に方法はない。
その上で危険である可能性があるのならば黙っていてはいけないと考える方が当然。
少しでも可能性があるなら自粛するのが人の道ではなかろうか?

 「危険は嘘」という人に問いたい。
ならば、添加物入りの食品ではなくて、ここに自然のままの食材とこれから投入される薬品をスプーンに載せて交互に口に入れて毎日食事を出来るか?と。

「リン酸塩製剤」
完全に化学薬品である。
危険・危険じゃない、の前に、なぜ化学薬品を口に入れなければならないのか。
ただ、これは企業側だけの問題ではない。
むしろそんなものを必要としてきた国民にも大きな問題がある。
「安く」「安く」「安く」「面倒くさい」「いつでも食べたい」がこんなものを産みだしてしまった。
本来なら国が規制すべきところを、逆に企業側につき後押ししてきた結果がこんな社会だ。
国民が目を覚まさないと癌やその他慢性疾患は増え続けるだろう。

幸い中国ほどのイカれた偽物は出回っていないだろうが、でも、人の健康を軽視していることに違いはない。
中国の考え方、「捕まらなければ、逃げ切れれば、人がどうなっても良い」
日本の考え方、「ただちに影響が出なければ、証拠が出なければ良い」
その差は僅差。
馬鹿さ加減では中国が上。
卑怯さでは日本が上である。

「フェイク、フェイク、フェイク」

 先日、テレビ番組でコンビニばかりの食事でもバランスがとれていれば問題ない・・という発言をした医師がいた。
ある料理研究家は、コンビニ弁当もこうやって一手間かければ飽きずに健康的に毎日食べられます・・と言っていた。
専門家が口にする言葉とは思えなかった。
しかし日本国民は医者や専門家のの言うことは恐ろしく素直に信じてしまう。
私も時には利用することはあるが、弁当・惣菜の類は一切買わない。生活に密着させてしまうのは恐ろしいことだ。

 コンビニ内で自然の状態の食品は希少である。皆無に近いかも知れない。
ことに弁当類は当ブログでも取り上げてきたが、知ってしまうと恐ろしくなるほどだ。
食品に関しては中国は信用できない、アメリカやヨーロッパだって成長ホルモン、ポストハーベスト、何が入っているか分からない、日本に住んでて良かったなんて思っている国民も多いのではないか。
とんでもない話だ。言い方は悪いかも知れないが、フェイクを作るのも、うまく騙して売りつけるのもトップクラスである。
食品添加物に関しても、認可されているものは欧州では数百種類、一瞬多いな・・・と思いがちだが、日本は約1200種類と言われている。研究者によると、コンビニ弁当を食材までさかのぼってみると、一つの弁当に約100種類の添加物が使用されていることになるという。そして、一年中何も考えずに生活していると年間約4キロもの薬品(添加物)を摂取していることになるという。

 そんなことをしていれば癌になるのも何の不思議ない。
庶民になればなるほど、所得が無ければ無いほど、添加物たっぷりの安いものを食べるしかない。
気づかせずにどんどん悪いものを食べさせ病気になったら医療でまた薬品を摂取させる。
摂取したらまた違う病気になる。そしたらまた違う薬品を投与する。
だから今の世の中「自然死」というものが無くなりかけている。
体が限界を迎えても薬で無理やり心臓を動かし死なせてくれない。
だから死ぬ時は眠るようには死ねない。体が悲鳴を上げながら死んでいくのだ。
いい加減、生き方を自然に戻していく時期ではないだろうか。

 こういったものをウマいウマいと食べてる自分に気づくべきである。

もうお気づきの人も増えてきていると思うが、このゆで卵。
最近の弁当やサンドウィッチに入っている輪切りのゆで卵は完璧に形が揃っており、損得を感じない。
じゃあ、丸いゆで卵の真ん中だけを掻き集めてきてお客様の気持ちを掴んでいるのか。
そんな訳はない。こういったものを使って消費者の心をつかんでいるのだ。

7c088ea8.jpg

本物のゆで卵は黄身と白身で出来ている。
このロングエッグは使用している添加物の種類としては少ないが、一度バラしてから加工しているゆえ、
「卵白60
卵黄24
デンプ粉3
植物油脂2
増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)3
その他調味液8」
となっている。
もはや卵ではない。

便利?確かにそうだが、そこまでする必要があるだろうか。
卵は丸いから形はバラバラ、当たり前である。
それが我慢ならない人間がどれほどいるだろうか。
はたしてこれを作っている側の人達は喜んで食べているのだろうか。

 そして、添加物の多さと危険さでは群を抜くハム・ソーセージ類。
これは非常に問題である。
fb51e7ce.png

これだけ入っていれば食欲もわかない。
発色剤などは発がん物質として話題になる薬品だ。
これらは市販品のほとんど、99%に入っていると言ってよいだろう。
本来は、塩や香辛料をすり込んで作るが、これらは何百本もの針で大量の塩水と添加物・調味液等を注射している。
食べれば分かるが塩辛いだけで肉の味などほとんどしない。
サイコロステーキだけでなく、激安なステーキ肉などは成型肉であることが多い。これに関しては単純明解、売れないくず肉を油や結着剤で固めたものであり、有難がって口にするものではない。
600x450-2005011100115.jpg

 これはマクドナルドで有名になったピンクスライム肉と呼ばれるもの。加工肉の最高峰であろう。もはや肉である事すら信じられない。確かアメリカのマクドナルドでは裁判によって禁止になったはずだが・・・
0e381470-s.jpg

 はっきり言って、こういったものは食べ慣れてしまうからまた食べたいと思うのであって、普段から食べる習慣をつけなければ体が欲しがることなど無いものだ。
そろそろ飽食の時代を捨てる時ではないだろうか。
無い食材を無理して作る必要もないし、あるものを儲けのために偽物を作るなど馬鹿げた話だ。
あるものを工夫すれば良いだけの事。
この奇怪な食品に慣れ過ぎなのである。

「マックは被害者?」

中国の食品加工会社の不正が連日取り沙汰されている。
報道では、マクドナルドとファミリーマートが被害にあった感じの内容である。

何故かマックとファミマだけが取り上げられているが、そんなわけがない訳で、他にもこれだけ日本にも入ってきているのは明白。

*******************

The Huffington Post

マクドナルドとファミリーマート、中国の期限切れ肉使用企業から輸入【UPDATE】

中国の食品会社が消費期限切れの鶏肉や牛肉を使っていた問題で、日本マクドナルドは7月22日、国内で使用する「チキンマックナゲット」の約2割を該当の会社から輸入していたと発表した。マクドナルドは、21日に該当商品の販売を中止し、タイや中国の別の業者からの食肉調達に切り替えたという。

消費期限切れの食肉を販売していたのは、アメリカの食肉大手OSIグループの中国現地法人「上海福喜食品」。中国の経済紙「第一財経日報」によると、取引先は、マクドナルドのほか、ケンタッキーフライドチキン(KFC)、ピザハット、吉野家、スターバックス、セブン―イレブンなど多岐にわたるという。
o-OSI-HUSI-570_480.png

**********************

多くの認識としては、マクドナルドが中国のズサンな食品加工会社の仕事ぶりの被害にあった。
かわいそうに・・・・
だろう。
私はそうは思わない。当然の報い。なるべくしてなったと言わざるを得ない。
一概に断定は出来ないが、私の中での認識はこうだ。

元々この日本の食品のみならず流通業界も含め、価格破壊のきっかけを作ったのはマクドナルドに他ならない。
”安く安く安く。だから毎日でもマックを食べなさい。
子供にはおもちゃも付けちゃうから家族で食べなさい。
朝は朝マックで始まりお昼も安くておいしいマック。
みんなでマックと共に生活しよう!”
というのがマクドナルドのやってきた事だ。
そしてどうなった?
それを実践する人間は体を壊し子供も高カロリーの栄養不足。
添加物たっぷり。
おそらく子供がキレやすくなった理由の一つとして、(マックだけのせいとは言わないが)食生活がこういったものに頼っているせいだろう。
そして家庭の団欒も減った。
関連会社も煽りをうけた。
この不景気の原因の一つはマックと言っても言い過ぎではないはず。

「ハンバーガーが食べたい!」
別に良いだろう。
ただし、いぞんし過ぎだ。
その依存のきっかけが価格破壊だ。
その価格破壊は他のチェーン店にも伝染し、まともな物を作っている店は潰れた。
その価格破壊の原点は”安く作る”しかありえない。

20120706MAC_480.png


とにかく体にも良く美味しいものを! ⇒  コスト高・利益薄
とにかく普通で!  ⇒  まあ、まあ、トントンてところ。
薄利多売で!  ⇒  交渉して安いところを探せ。利益は出れば良しとしよう。
びっくりするような値段でたくさん売れ!しかも利益もしっかり出せ!
            ⇒   バレなきゃ良い

それがバレただけだ。

中国の企業のこういった体質は元々あるわけで、おそらく他の関連企業もこんな事は普通なのであろう。
それを知らないはずがない。
知っているが、価格破壊の為託してしまった。
もっともっと厳しくすることも出来たはず。
しかし、厳しくするには安い賃金。更にやる気も失せるし、利益も出なくなる。
その中でまともな流通が生まれるはずがない。
「自業自得」
全くもって同情できないのである。
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。