~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FUKAIグリーンエマルジョン燃料 ついに始動!

 決して新しいニュースではないのだが、あまりにも注目度が足りないニュースがある。
深井環境総合研究所株式会社が開発したFUKAIグリーンエマルジョンが実用が始まっている。もっともっと世界中の話題になるべきであり、かつ妨害されるであろうニュースだ。


 代表取締役 の深井利春氏が開発した洗剤を使わないための創生水(創生ワールド株式会社)を利用し、界面活性剤を使うことなく燃料と乳化させ燃焼させる。燃焼時の熱量は、燃料のみの場合と変わらないという。しかも水の比率は40%から60%まで混入できるというから驚きだ。当然温室効果ガスの排出量は半分以下。(温室効果ガス問題の真偽は別にして・・)躊躇する理由は何もない。・・・だから拡大できない?・・・オイルメジャーやアメリカの悪人たちが黙ってないだろう。


 参考資料  BIG LIFE21より


 


 


 現在は主に重油・経由・灯油などを大量に扱う業者に実用が始まっている。機器的には1㎡ほどで収まり、投資も今までの他社で扱う効率の悪いもので数千万のところ、750万~とのこと。設置前の燃料の使用量(負担額)によって導入額が決まるという公平性もすばらしい。とは言え決して安い買い物ではないが、年間を通して莫大な燃料代を支払っている業者にしてみれば、数年で回収できることになる。


 ガソリンに関しても、他の燃料と違い混合する空気量の調整等が必要になるらしいが実用化に向けて開発中のようだ。実用化になると、ハイブリット車(カタログ上38km/lを実走行で25km/lとして)にこの燃料を使った場合素人の単純計算で燃費50km/lとなり、200km走行しても4ℓのガソリンで済むことになる。1000円もあれば400kmも走行できる。ランニングコストを入れても大差は無いだろう。


 将来的には、フリーエネルギー・脱化石燃料になるのは必然的だが、電気で全てを補うことも期待できない現在一番必要なのはこういったエネルギーに対する努力だと考える。世界中に一日も早く広まり、オイルメジャーが衰退するのを見たいものだ。まあそうなれば、石油価格高騰ということになるのだろうが・・・


 次に普及するべきは、これだろうか?これも実用が間近のようだ。しかしかなりの圧力が掛かるのは避けられないだろう・・・
  Ghost Riponの屋形

 
 システムの大量販売・より安価を願われる方はポチっとお願いします。

  


                      以上
 
スポンサーサイト
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ
02-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

«   »

Search
プロフィール

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。