~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正真正銘 ”心霊写真”

 昨年撮れた写真ですが、気味が悪くて忘れようとしていました。
が、せっかくブログを始めたので載せようと思います。


 これは携帯のカメラで撮れていたのですが、間違いなく心霊写真です。
たまたま暇つぶしにデータフォルダを開いて見ていると、ある日付に一枚だけ写真が保存してありました。何だろうと確認してみたのですが、最初何だか分かりませんでした。しばらく見ていると、赤い物体が自転車であることに気づきました。これは仕事場の駐車場の写真であることに気づきました。



 ただ・・・おかしいんです。。。


 まず一つ目、絶対にこの写真撮ってないんです。こんな所の写真撮っても仕方がないし、日付を見ると割と最近だったので撮ったら覚えている筈です。絶対に撮ってないんです。仮に偶然シャッターがきれたとしても、いつも首から下げているのでそのままシャッターボタンを押してもそのアングルでは写らないんです。偶然ボタンを押してしまうような構造でもないですし・・・

 
 二つ目、気づいたときは???でした。左右が(?)反転してるんです。駐車場のアスファルトとコンクリート打ちが逆なんです自転車の位置も前後逆。というか自転車の置いてある壁が逆。ありえないアングルで写っていました。撮りたくても物理的に不可能な写り方です。


 三つ目、アスファルトの部分が・・というか空間が歪みまくっています。渦を巻いています。そしてコンクリート側も魚眼のように空間ごとグニャリと曲がっています。そして写真全体が靄がかかったようにぼやけています。まるで夢の中を映像化したように・・・
 そしてその渦の中心から、得体の知れない白い物体がこちらを覗き睨むような感じで写っています。不思議なのは、全体にぼやけているのにその物体だけバッチリピントが合っているのです。



 私の携帯は反転の機能はありません。渦巻きに歪める機能もありません。ましてや不規則に歪めるなどパソコンでも使わなければ不可能です。もちろんその画像は携帯から出したことはありませんでした。


 そこで、納得いかなかった私は同じアングルで同じ携帯で撮ってみました。
・・・・まったく別物。。。反転しているので同じになど撮れる訳もなく、色合いもまったく違ったものになりました。はっきりいって私にはパソコンを使ってもこんな複雑な画像編集は出来ません。もちろん携帯を誰かに渡したこともありません。


 と言ったわけで、間違いなく心霊写真と断言します。
とりあえず今のところ何事も起こっていないので、貴重な写真なので消さないでとってあります。


 ではご覧頂こう。



最初は私が撮った通常の写真です。
* 外側の肌色の大きな影は私の指です。


shinrei001
                   ・

                   ・

                   ・

                   ・

                   ・

                   ・

                   ・

                   ・

                   ・

                   ・

                   ・


 これがその写真・・・



shinrei002


  いかがでしょうか?


 あとで思い出したことがあります。この写真の日付の前々日だったと思います。こんな夢を見ました。
私が友人4~5人の前でフィルムカメラを両手に持って額にあてて「今度こそ・・・今度は出来る・・・」と言いながら念写をしているんです。なんでそんな夢を見たかはまったく分かりませんが、関係あるのでしょうか・・・


  驚い方は、ポチっとお願いします。
 
  

                           以上。

 
スポンサーサイト
テーマ : 怪奇・超常現象    ジャンル :
06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。